『嫌な出費』と『成長を感じる出費』

自分自身の病気のため『社会復帰』ができていない主婦です。

夫の給与だけでやりくりしていますが、一番困る出費は『オトコの見栄のための出費』です。

例えば、同期会などの集まりの際、幹事のような役割を務めることがるのですが、ほかの人の負担を減らすために仲の良い2人と自腹を切ることがあります。
こちらにしてみると、それなりに面倒なセッティングや連絡を任されているし、そこまで負担する必要はないのでは?と思ってしまうのです。

また、特定の友人への贈り物もあります。夏と冬、遠くに住んでいる友人へ必ず贈り物をします。その商品は友人が指定してきます。いつも同じ高価な果物や魚介類を希望してきます。その年によって取れたり取れなかったりするものなので、正直言って探すのも大変です。確かにその友人からは我が家も贈り物をもらってはいますが、金額で行くとこちらのほうが絶対に負担が大きいです。さらにその友人が常識のない行動ばかりする人だということが最近わかったので、余計にそこに出費することさえ嫌悪感を感じます。

ここまでは本当に困ってしまう出費についてですが、どうしても仕方のない出費というのが『子どもに関する出費』です。
学校に関することや習い事・通信教材など年々かかる額は増えていきます。毎月のやりくりでどうしようもない分は『児童手当』でやりくりしています。

生まれてからつい数年前までは児童手当はすべて貯金していました。しかし、衣類など安く手に入れようとしても大人サイズなので値段は高くなり、食べる量も増えてきているので少しずつ負担は増えています。
また、いくら義務教育(公立校)とはいえ、細かい出費もあるので、児童手当を全額貯金することが難しくなってきました。子どもに関する出費は成長を感じることでもあるので、大変だけれども苦になりません。

どうしても困った時には、専業主婦でも審査の通るローンに助けてもらっています。
わたしも仕事を探してはいますがなかなか外に出て働くことはできません。なので、アンケートに答えたり、ポイントをためたり、クラウドソーシングで少しずつためたもので自分の欲しいもの(必要なもの)や子どもたちの欲しいものを買ったりしています。やっぱり自分で得た収入で買い物をするのはうれしいことです。

タバコ・サラ金利用してまで行くライブ。止められない。

どうしてもやめられないものがいくつかあります。
まずはタバコ。
体に悪いし、肌にも悪い。
もともと肌は自慢できるほど綺麗なのですが、タバコをやめたらもっと綺麗になるはず。
シミ・シワ・タルミのすべての悩みもなくなって若返る!
なのに止められない。
気が付くとタバコを咥えている。
私の仕事はインナービューティーを伝える仕事。
タバコは美容の敵です!と言ったって説得力なさすぎる。
なのに止められない。
お酒は止めたのに。
そして、深刻なのがロックバンドのライブ。
いい年して毎月どこかしらのライブに出かけている。

しかも主婦なので自分で自由に使えるお金もそれほどない。だから、たまに主婦でも借りれるサラ金(http://xn--vcktf415g9zkxq1e.com/)でお金を借りて行くことも。。。

これは本当に家族には内緒です!!
派手な格好をして夕方出かけて行く私を冷ややかな目で眺める家族。
「不良中年オバサン」と、家族からは陰口をたたかれています。
ギターも止められない。
昔バンドをやっていたので、家にはギターが。
ライブに出かけない日の夜は一人でこっそりギターを抱えてはジャカジャカ掻き鳴らす。
アンプを繋げずエレキギターを弾くので音はほとんど出ないけれど、下手なくせにノッテくると歌ってしまう。
すると隣の部屋からテレビのボリュームが上がる。
いっそのことギターが弾けないように処分してしまおうかと思ったけれど、思い出のいっぱい詰まったギターたちを処分するなんて無理!
ライブに出かけるのも回数を減らしてはいるけれど完全に行かなくなったら何が楽しみで生きているのかわからなくなってしまう。
止めたくても止められない理由を(言い訳)自分なりに考えてみた。
私流のアンチエイジング。
ライブに行くためのスキニーパンツを穿くための体型維持や、ギターを抱えれば「あのころの自分」に戻れる。
そう言うたびに家族はあきれ返るが、好きなことは止めなくてもいいんじゃない?と、開き直っている。
しかし、タバコだけは自分でも理解できない。
なぜやめないのか・なぜやめられないのか。
ただの甘えなのかな。

 

自分のお小遣いはあります

自分のお小遣いはあります。というか、作るように努力しています。

料理の仕方や材料を工夫したりして節約したり、電気やガスなど光熱費を抑えたりして、いつもより抑えられた分をお小遣いに回すよう努力しているということです。具体的には、いつもではありませんが、お肉で作るハンバーグを豆腐ハンバーグにします。すき焼きの肉も、国産は数回に一回という感じです。魚の切り身は買わずになるべく1匹を買うようにしています。そして売り場でさばいてもらいます。そしてそのアラも持って帰ります。切り身以外にたとえばブリ大根のようなものも作れますし、骨もきれいに処理して油で揚げて骨せんべいを作ります。大根も1本買います。大根の葉っぱもきれいに処理してお味噌汁やお漬物に使います。お漬物もあまり買わずに、白菜やキュウリなどで自分で作ります。ドレッシングも手作りします。

こうして出たちょっとした金額を足して、基本的には3万までをお小遣いとして使っています。基礎化粧品は欠かせないですし、友人とのランチ代もそこから出しています。そして、2か月に一度洋服や靴、小物を買い、美容室にも行きます。ランチに行けば大体1000円はかかりますので、月に8回までと決めています。週に2回の計算です。

そして、美容室にはカットであれば5000円以内、パーマは年に2回ぐらいしかかけません。デジタルパーマであればそれで十分持ちます。カット込でも8000円で抑えられるお店に決めています。基礎化粧品などもコストを考えたものにして、化粧水や乳液が一緒になったタイプなどを選んでいます。美容関係のものは、サンプルがあるものは積極的にもらって試して、失敗のないように確認してから本物を買います。

どうしても欲しいものが少し高額になってしまうときは、カードローンを利用して購入します。

毎月返済できる金額でローンを組んで無理のないようにしています。

そうやって上手にお金をつかうと、きまったお小遣いがなくても毎日が楽しく過ごすことができますね!(^^)!

 

働きに出ないと厳しいな~

私は結婚を機に専業主婦になってから、全くと言っていいほど貯金は出来ていません。
仕事をしていた時は、1年で100万円は貯めていたのですが、専業主婦になると勿論収入はないので、今までの貯金が減っていく一方です。
(ここで話す貯金は、自分のお金のことで、夫との共通の口座での話ではありません)

貯金ができないのは、仕方ないのですが、理由はいくつかあります。
夫は私にもお小遣いをくれるのですが、自分が働いていた時の金額よりも少ないですし、私には大学に通っていた時の奨学金の返済が残っているので、それに月2万円は返済しないといけません。
また、携帯電話の料金や、保険料、どこか出かけたときの交通費(PiTaPaで後払い)がカード払いで引かれていきます。
これに加えて、自分が欲しい洋服や化粧品なんかを買おうと思ったら、お小遣いで賄えるはずがなく、貯金から下ろさなきゃいけなくなります。
結果、赤字になっています。

じゃぁ働きに出たらいいじゃないか、と思うでしょうし、自分でもそう思いますが、妊活中ということもあり、働きに出ることが難しいのです。
すぐ妊娠するかどうかは勿論誰にも分かりませんが、もし妊娠したら仕事を辞めなきゃいけなくなりますし、そうすると雇ってもらったのに、すぐに人手不足になっては相手の会社にも迷惑をかけてしまいます。
だから、最初から働きに出ることは避けています。

車のローンが一番我が家では重荷で、車のローンがこのままでは毎月きちんと支払えないのではないかと、見直しをしたいとも考えています・・・※車のローンが払えない時の対処法※カードローンで一時的に借りて支払う

働きに出ることが出来なくても、やっぱりちょっとでも足しになればいいな、と思って、このクラウドワークスでお仕事を探しています。
自分に才能があればよかったのですが、残念ながら才能がないため、簡単なライター系の仕事しかしていません。
なので、外に働きに出るよりは稼ぐことが難しいのですが、それでもお金がないよりはマシです。
今は貯金をするのは難しいですが、赤字を少しでも減らせれば、それでいいと思っています。

 

家庭教師のアルバイト

私は家庭教師のアルバイトを大学時代にしたことがあります。そのアルバイトを始めたのは、苦学生だったからです。学費はもちろんのこと、家賃、光熱費といった生活費、周りの友人たちと遊ぶためのお金、貯蓄のためととにかくお金が必要だったのでアルバイトを始めました。
アルバイトは他にもやっていましたが、家庭教師が一番時給が高くて、時間も短く手っ取り早くお金を稼ぐのにちょうど良かったので、家庭教師をしました。しかも、家庭教師もいくつか掛け持ちをしていました。
学費は親にも援助してもらうこともありましたが、実家は裕福ではなかったので、自らもお金を出さなければならなかったです。もちろん奨学金もありましたが、それでは生活費が足りず、アルバイトに精を出すしかありませんでした。このご時勢必要な携帯電話代も馬鹿にならないので、その費用のためにもアルバイトをしていました。
それに加えて、大学生ということで、やっぱり遊びたかったです。寝る間を惜しんで遊んでいたのでアルバイトは必須でした。周りの裕福な家の友人は、親からの仕送りで遊んでいたので、うらやましいと思うこともしばしばでした。しかし、そのような友達との付き合いもあるので、お金がないからと遊びを断るのは嫌でした。

よくみんなで車を借りてドライブに出かけたり、車内泊で節約旅行にもよくでかけていました。レンタカーって乗り捨てとかもできるし、みんなで割ると安いから車を持っていなくても遠くまで行くことができたりしたので楽しかったですよ。
また、大学3年生からは就職活動が始まるので、その時に交通費等でお金がかかるのでそのためにもアルバイトで稼ぐ必要がありました。
そして、単位習得がほぼ終わればかなり時間ができ、そんな時間は一生のうちほとんどないので、旅行にも行きたくてその貯蓄のためにもアルバイトを始めました。他のアルバイトだとシフト調整が他のアルバイトの方たちと必要ですが、家庭教師は生徒と私だけでシフト調整できるので、旅行にも行きやすかったです。

 

ドラッグストアで学生アルバイト

私は高校1年生の冬から某ドラッグストアチェーン店でアルバイトを始めました。ココで見つけました→ドラッグストアのアルバイト探し※薬局のバイトは人気ですよ。
担当することになった作業は、レジ・品出し・フィルムカメラの現像・商品陳列のレイアウト考案・POP作成などバリエーションが豊富で、日によってさまざまな作業を任せてもらっていました。
特に毎週広告チラシが新聞に折り込まれるので、その期間のレジ作業はなかなかツラかったです。レジ作業はもちろんのこと、大量に購入していかれるお客様の荷物をお持ちしたり、「広告に載っていた○○はどこにあるの!!」といったご案内の対応など1日中店内を駆け巡っていたのはいい思い出です。

店長や他スタッフの皆さんと最初は打ち解けるまで時間がかかりました。
とは言うものの、スタッフの人数がかなり多かったので1ヵ月間のシフトで一度も顔を合わさない人もいたからです。
打ち解けるきっかけになったのは学生らしく、学校の長期休みの際など連続で勤務することになった時です。一緒にお昼休憩をとったり終業後の帰り時間に世間話したり…気が付けばあっという間にフレンドリーになっていました。今でも当時のスタッフの方とお会いしたりすることもありますし、メールのやり取りや飲み会のお誘いを受けたりなんかも。

お店については、店舗ができてから時間が経っていたため綺麗ではありませんでしたが、同チェーン店の店舗が比較的近くに新オープンした際も、お客様は古いこちらのお店にお越しいただいたりして嬉しい気持ちになったのを覚えています。
ただ、お客様のところには関係ありませんが、スタッフの休憩室のエアコンが常に故障中だったのが夏場と冬場に絶句だったので、そこは早めに修理してほしかったです(笑)

何はともあれ、働くとはどういうことか、お金を稼ぐとはどういうことか、社会経験を積ませてもらういい機会になりました。

 

楽じゃないんです。

専業主婦は毎日大変です。よく楽でいいよな…って言われますけど、全然楽なんかじゃないんです。

確かに仕事はしていないけど、その分1日中家の事をしておかないといけないんです。

ある意味仕事をするよりハードですよね。それで給料もないんですから。

それなのに楽なんて言われたら本当に腹が立ちます。もっと専業主婦の大変さを知ってほしいです。