タバコ・サラ金利用してまで行くライブ。止められない。

どうしてもやめられないものがいくつかあります。
まずはタバコ。
体に悪いし、肌にも悪い。
もともと肌は自慢できるほど綺麗なのですが、タバコをやめたらもっと綺麗になるはず。
シミ・シワ・タルミのすべての悩みもなくなって若返る!
なのに止められない。
気が付くとタバコを咥えている。
私の仕事はインナービューティーを伝える仕事。
タバコは美容の敵です!と言ったって説得力なさすぎる。
なのに止められない。
お酒は止めたのに。
そして、深刻なのがロックバンドのライブ。
いい年して毎月どこかしらのライブに出かけている。

しかも主婦なので自分で自由に使えるお金もそれほどない。だから、たまに主婦でも借りれるサラ金でお金を借りて行くことも。。。

これは本当に家族には内緒です!!
派手な格好をして夕方出かけて行く私を冷ややかな目で眺める家族。
「不良中年オバサン」と、家族からは陰口をたたかれています。
ギターも止められない。
昔バンドをやっていたので、家にはギターが。
ライブに出かけない日の夜は一人でこっそりギターを抱えてはジャカジャカ掻き鳴らす。
アンプを繋げずエレキギターを弾くので音はほとんど出ないけれど、下手なくせにノッテくると歌ってしまう。
すると隣の部屋からテレビのボリュームが上がる。
いっそのことギターが弾けないように処分してしまおうかと思ったけれど、思い出のいっぱい詰まったギターたちを処分するなんて無理!
ライブに出かけるのも回数を減らしてはいるけれど完全に行かなくなったら何が楽しみで生きているのかわからなくなってしまう。
止めたくても止められない理由を(言い訳)自分なりに考えてみた。
私流のアンチエイジング。
ライブに行くためのスキニーパンツを穿くための体型維持や、ギターを抱えれば「あのころの自分」に戻れる。
そう言うたびに家族はあきれ返るが、好きなことは止めなくてもいいんじゃない?と、開き直っている。
しかし、タバコだけは自分でも理解できない。
なぜやめないのか・なぜやめられないのか。
ただの甘えなのかな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>